携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

(8)国際離婚

(ト)子の養育費

  • 外国人の夫と離婚したいのですが、その場合、外国人の夫との間の子の養育費はどうなるのでしょうか

  •  
  • 準拠法について
    まず、国際離婚において子の養育費を決める場合には、夫婦どちらの国の法律に従って決めるかが問題となり、従う国の法律のことを準拠法といいます。
    国際離婚における養育費についての準拠法は、まず(1)扶養権利者(養育費を受けることができる者のこと、本件では子になります。)の常居所地の法になります。次に、(2)(1)に従っては、子が扶養を受けられないような場合には、扶養権利者と扶養義務者(本件では、養育費を支払う義務のある者のことになります。)の共通の本国法になります。最後に、(3)(2)に従っても、子が扶養を受けられないような場合には、日本の法律になります。
  • 子が日本で暮らしている場合について
    子が日本で暮らしている場合には、日本の法律に従って、夫に対して養育費を請求することができます。
  • 子が外国で暮らしている場合について
    子が外国で暮らしている場合には、まずは、子の暮らしている外国の法律に従って、養育費を請求することになります。
    子の暮らしている外国の法律では、父親に養育費の請求が認められていないような場合には、子と父親の共通の本国法に従って養育費を請求することになります。また、子と父親の共通の本国法に従っても養育費を請求することが認められていないような場合には、日本の法律に従って養育費を請求することになります。