携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

慰謝料

(2) 慰謝料はいつまで請求できるのでしょうか

不倫とか暴力行為、精神的虐待などは、配偶者に対する不法行為です。不法行為による損害賠償請求の時効は、加害者と不法行為に該当する事実を知ってから3年間となっています。
そうしますと、理屈の上では、前記の(1)(イ)については、不倫などの事実を知ってから3年間、(1)(ロ)については離婚から3年間ということになります。
現に、夫が不倫した場合、不倫の相手方に対する慰謝料請求は、そのような事実を知ってから3年間で時効にかかるとした裁判例があります(最判平成6年1月20日)。
もっとも、この裁判例を前提としながらも、不倫行為が離婚に至らしめたる不法行為になるとして、結論的に、不倫行為を知ったときからではなく離婚のときから3年間は慰謝料を請求できるとした例もあります(東京高裁平成10年12月21日判決)。
ただ先ほどの最高裁判所の判例がありますので、配偶者に請求するにせよ、不貞行為の相手方に請求するにせよ、あるいは両方に請求するにせよ、慰謝料を請求するのであれば、不倫、暴力行為などの事実を知ってから3年以内にするのが無難です。そうすれば時効の問題が生じるのを防ぐことができます。
慰謝料については、話し合いの場合でも、裁判所で解決する場合でも、離婚の請求とは別に請求することもできますが、もちろん離婚の調停や裁判のとき離婚とあわせても請求できますので、できるだけ、財産分与、慰謝料とも、離婚と同時に解決しておくのがいいでしょう。